永久脱毛

永久脱毛は、医療機関でやる脱毛法です。 永久脱毛というのは、医療機関でしか行ってはいけない脱毛法なのです。 これを読んで、あれ?って思われた人も、結構いるかもしれません。 医療機関(入院できるベッド・病床が20床以上で病院、病床がないか、20床未満だと診療所と名称になります)に限らず、エステ(エステティックが正式名称で、フランス発祥です。痩身や脱毛、美白などの美容に関する全般的な技術を提供する民間施設です)などでも、永久脱毛を受けられると考えている人が多いのではないでしょうか。 実は、医療機関ではないエステなどで永久脱毛を行う事は、違法行為に当たるだとされているのです。 では、なぜ永久脱毛は医療機関でしか行えないのかっていえね、レーザー脱毛機の出力に問題があります。 医療機関で行われるレーザー脱毛機の出力は強いので、医療行為に相当します。 そのため、本来、医師免許を持っていない人は、出力の強い医療レーザー脱毛機を使うことはできません。 エステでも光脱毛、フラッシュ脱毛(一度の施術でムダ毛処理が完了するわけではないので、何度か通う必要があります)などは行われていますが、医療機関(病院や歯科医院の他に、助産所、はり師やきゅう師などが施術を行う施術所、薬剤師が調剤を行っている薬局も含まれることがあるでしょう)のレーザー脱毛(処置前後に適切な処置を行うことで、ある程度は肌トラブルを防ぐことができるはずです)機と比較して、出力はかなり弱くなってしまってます。 ですから、ムダ毛の脱毛効果という点でいえば、医療機関(公的医療機関と私的医療機関があります)でやる永久脱毛の方が成果を得やすいになるのです。 ただ、出力が強いと言う事は、それだけ痛みを感じやすいと言うことでもありますし、肌に負担をかけやすいということでもあるそうです。 それに、効果が高い分、エステで脱毛するよりも費用がかかってしまいがちです。 永久脱毛するなら医療機関でやるべきですが、中にはあえて永久脱毛にはこだわらず、エステ(エステティックが正式名称で、フランス発祥です。痩身や脱毛、美白などの美容に関する全般的な技術を提供する民間施設です)での定期的な脱毛を選択するようにする方もいますー